まずは押さえておきたいポイント!

はじめに
仮想通貨(暗号通貨)とは?
仮想通貨(暗号通貨)のメリット

「仮想通貨ってなに?」
「ビットコインってなに?」
という方は、まず上記の記事をお読みいただければと思います。

 

ビットコインで億万長者になった人達

仮想通貨市場の約9割を占めるビットコインは、誕生した2009年の時点では1ビットコイン=0.08セントでした。分かりやすく1ドル=100円で換算すると、1ビットコイン=約0.1円でした。

それが今日(2017年3月1日時点)で1ビットコイン=約139,000円になっています。
その価値は約139万倍になっているんですね。驚異的な数字だと思いませんか?



 

【ビットコインの価値推移】
●ビットコイン誕生時 1ビットコイン=約0.1円
 ↓
●2017年3月1日時点 1ビットコイン=約139,000円

 

例えばビットコイン誕生時に1万ビットコインを所有していたとすると、持っているだけで何もしないで、今日時点で13億9000万円になっているということです。

これは全く嘘ではなく、実際に昔ビットコインを所有しただけの人が億万長者になっている例は沢山あるのです。そういった人たちはビットコイン長者と言われています。

このようにポテンシャルの高い仮想通貨を誕生時に購入しておくことで、大きな成功をつかむ可能性があるのです。
あくまで投資のお話なので、勿論リスクがあることもご承知ください。

 

ビットコインを上回る可能性のある暗号通貨『ノアコイン』の誕生

沢山の億万長者を世の中に生み出したビットコインを上回るポテンシャルを持つ暗号通貨『ノアコイン』がついに誕生します。そして2017年1月11日に第1期プレセールが開始されました。
(第1期プレセール期間は2017年1月11日〜3月19日です)



ノアコイン(NOAH COIN)

 
プレセールは第4期まで続きますが、期をまたぐにつれてノアコインの価格が上がっていくのと、ノアコインに対する世の中の注目度が高いので、プレセール終了を待たずして完売になってしまう可能性も否定できません。
(投資のお話なので、勿論リスクがあることもご承知の上、ご自身の判断・責任でなさるようにお願い致します。当サイト経由で、申し込んだことにより、損害等を被った場合でも、当サイトは、一切の責任を負いません。)

当サイトはノアコインの代理店なので、以下のリンクから購入可能です。

ノアコインを購入する方はこちら
(購入方法についての分かりやすい動画はこちら

 

ノアコインはビットコインを超えるのか?

ではなぜ『ノアコイン』の価値は上がる可能性があるのでしょうか?

まず前提として、価値が上がる暗号通貨は「何かしら理由があって人々に必要とされ、多くの人々が所有する」必要があります。「暗号通貨が欲しい!持ちたい!」という需要が大きくなればなるほど、その価値は上がります。

ビットコインの例で言うと、「海外送金が簡単」「送金コストがかからない」「手軽に個人間で金銭取引できる」「節税に利用できる」などがあります。

今後新たに生まれる暗号通貨は、「ビットコインではなく、その新しい暗号通貨でないといけない理由」が必要です。さもなければ、ビットコインで充分事が足りるからですね。

 

(参考記事)
ビットコインの問題点をノアコインが全て解決している

 

今回登場する『ノアコイン』は一言で言うと、フィリピンの経済発展を支援するために誕生します。

 

フィリピンは近年、急成長を遂げており、平均年齢23歳(日本は45歳)という若さゆえ、今後30年バブルが続く国と言われています。世界中の投資家が鼻息荒く注目しているのがフィリピンなのです。

さらにフィリピンはアジア圏で唯一英語が話せる国なので、欧米の大企業がコールセンターなどの業務をフィリピンにアウトソーシングしたり、多くのフィリピン人が海外に出て外貨を稼いでいます。

また、フィリピンの人口は40年間で3倍に増加しています。首都マニラの人口密度はなんと東京の3倍です。このような人口増加もフィリピンの圧倒的な経済成長を支えているのです。



アジア各国の人口推移


2016年 フィリピンと日本の年齢別人口

 

しかしながら、海外労働しているフィリピン人が、汗水流して稼いだお金を自国や家族へ海外送金する場合を考えてみるとどうでしょう。

銀行経由で送金すると数千円も取られてしまいます。フィリピン人の平均月収は4万6千円なので、数千円がどれだけ大切かは分かるのではないでしょうか。

 

フィリピン人の年間出稼ぎ労働者が稼ぐ金額は3兆円にのぼります。(国のデータのみの数字なので、実際にはもっとあります。)ビットコインの時価総額は1兆円なので、その金額を大きく上回ることが分かります。

3兆円のうち銀行手数料などで引かれてしまうお金(=フィリピン人が稼いだお金なのに海外に取られてしまうお金)が、なんと年間3500億円にものぼり、これがフィリピンにとって大きな問題になっているのです。

 

そこで登場するのが『ノアコイン』です。

 

もし海外で働いているフィリピン人が自国へお金を送るとき、そのための暗号通貨のインフラが整ったら魅力的だと思いませんか?『ノアコイン』が誕生することになった最初の発想はここにあります。

 

急成長を遂げているフィリピンといっても、まだまだ貧富の差が激しいのが実情です。フィリピン人は国民のほとんどがスマホを持っていますが、銀行口座を持っている人は約3割程度にとどまっています。

『ノアコイン』はフィリピンの社会問題を解決する初の暗号通貨であり、人々が便利なものとして必要とする暗号通貨になることでしょう。

 

私たちが『ノアコイン』を早い段階から保有することは、投機目的において可能性を秘めているだけでなく、フィリピンへの社会貢献にもつながる素晴らしい意味が備わっています。

 

ノアコインの販売スケジュール

『ノアコイン』が市場に公開されるのは2018年6月12日(フィリピンの独立記念日)になります。それまではプレセール期間ということで、比較的リーズナブルな価格で(=良いレートで)ノアコインを購入することができます。

プレセール期間中に「本物の暗号通貨」に両替をしておくことで、大きな成功を得られる可能性があります。
(投資のお話なので、勿論リスクがあることもご承知の上、ご自身の判断・責任でなさるようにお願い致します。)

 

最近の「本物の暗号通貨」の一例で言うと、

イーサリアム ⇨価値が10か月で60倍上昇
モネロ    ⇨価値が9か月で24倍上昇
ファクトム  ⇨価値が5か月で17倍上昇

という事実があります。
そしてこれらの「本物の暗号通貨」の価値はまだまだ上昇しています。
(もちろんこれらの暗号通貨は円やドルに換金可能です)

 

こういった暗号通貨の販売スケジュールは、通常プレセール期間として『第1期』『第2期』『第3期』『第4期』と、4期にわたって販売されて、期をまたぐにつれて購入金額が徐々に上がっていきます。

『ノアコイン』の場合、以下のような販売スケジュールと価格になっています。



 

【スケジュールと販売レート】
第1期プレセール :2017年1/11~3/19 1ドル×1.00倍
 ※日本・フィリピンのみ販売
第2期プレセール :2017年4/3~6/16 1ドル×1.14倍
 ※日本・フィリピンのみ販売
第3期プレセール :2017年7/24~10/1 1ドル×1.18倍
 ※アジア全体で販売
第4期プレセール :2017年12/11~2018年4/3 1ドル×1.22倍
 ※全世界で販売

『ノアコイン』の最低購入単位は、1口=1000ドル=120,000円となります。
(第1期プレセールの場合)