ビットコインの弱点を全て克服している

新しい仮想通貨が誕生するとき、本当に価値がつくのかどうか?、の判断基準のひとつとして『ビットコインではなくて、その仮想通貨でないといけない理由』が明確にあるかどうか?、ということがあります。

その点、ノアコインはどうでしょうか?

まずはノアコインビットコインの特徴を比較してみましょう。

 

●ノアコインとビットコインを比較

銘柄 ノアコイン(NOAH COIN) ビットコイン(BIT COIN)
承認方式 POS
(イーサリアム型)
POW
発行上限枚数 2,160億枚 2,100万枚
送金手数料 無料 あり(※0.0002btc程度)
送金時間 数秒 〜約10分
利息 初年度20% なし
運営元 NOAH FOUNDATION
(フィリピン政府公認)
なし

 

上記の表からもわかるように、ビットコインの問題点として、

決済完了までに約10分程度かかる。
プロモーション、インフラ整備を行う運営元が存在しない。
マイニングにより非常に多くの電力を消費して、環境破壊に繋がっている。

ということが挙げられます。
ノアコインはこの全ての問題点を解決します。

 

決済完了までに約10分程度かかる。
ビットコインの決済は約10分程度かかります。これは簡単にいうと「マイニングにかかる時間」です。ビットコインの取引を検証するマイナーが新しいブロックを見つけるまでのおよそ10分間を待たなくてはならないので時間を要しますが、ノアコインの場合は一瞬で送信〜決済完了できます。

 

プロモーション、インフラ整備を行う運営元が存在しない。
ビットコインには世の中に普及するための運営元が存在しないので、ビットコイン信者や保有者が自ら普及活動したりしないといけません。その一方、ノアコインはフィリピンの有志が集まって設立したNOAH GLOBAL INNOVATION SERVICES INCNOAH FOUNDATIONが中心となってノアコインの広告プロモーションからATMウォレットなどのインフラ整備を進めていくと聞いているので、ノアコインの認知促進が早くなります。

 

マイニングにより非常に多くの電力を消費して、環境破壊に繋がっている。
ビットコインはPOW(プルーフオブワーク)という承認方式を採用しており、膨大なコンピューター計算量が必要なため中国などに存在するマイニング会社によって非常に多くの電力が消費されています。これが地球の環境破壊に繋がっており、ビットコインの問題点になっています。

一方、ノアコインはPOS(プルーフオブステーク)という承認方式を採用しており、コインの保有枚数に応じて利子を発行します。膨大な計算量が不要なため、無駄な電力が発生しません。また51%Attackによるリスクが少なく、価値が守られるように出来ています。

 

このように現状ビットコインが抱えている問題点をノアコインは全て解決しています。この点だけを考えても、『ノアコインがビットコインを超える(超える可能性が高い)理由』がお分かりいただけるのではないかと思います。
あくまでノアコイン代理店としての希望的観測です。「絶対にノアコインがビットコインを超える」ということではありませんので、ご自身の責任で投資するか、しないか、の判断をお願いします。

 

これだけではないノアコインの素晴らしさ!

ノアコインの開発・運営にはフィリピンの銀行関係者も参画しているため、ノアコインを保持しているだけで複利配当が得られます。

複利配当は1年目20%、2年目17.20%、3年目14.79%…と毎年配当利率が0.86倍(指数関数的に減少)に設定されていて、その配当は40年間続きます。現在の日本の銀行では考えられないような配当利率なので、保持金額によっては夢の利子生活も現実味を帯びてきます。
(これはノアコインの価値が変わらないと仮定してのお話になります)

 

このように、フィリピンの有志が賛同しているのがノアプロジェクト(Noah Project)であり、日本とフィリピンが手を結び、世界初の暗号通貨都市(ノアシティ)と暗号通貨(ノアコイン)を通じて、フィリピンの社会問題を解決していきます。